FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

NOTE50)植物由来のポリエチレン

 2012-01-27
有限な化石燃料からではなく、
再生可能資源である植物から製造されるポリエチレンの商業生産が
2011年から始まっています。
場所はブラジル
原料となる植物は「サトウキビ」です。

特徴としては
①原料であるサトウキビが成長過程でCO2を吸収している、つまりサトウキビ自体が放出するCO2は
もともと自然界にあったもので、新たにCO2は排出するものではない。(カーボンニュートラル)
※但し、生産・加工過程で排出されるCO2があるので、全くのカーボンニュートラルではない。
②有限である化石資源である石油への依存を減らすことができる
③原料がサトウキビから砂糖を取った後の残糖液であるので、砂糖の生産に影響しない
またトウモロコシ・大豆などの穀物類との競合はしないので、それらの価格高騰の原因にはならない
④サトウキビの栽培はブラジル中・南部の牧草地帯や、サバンナが中心となり、
増産してもママゾンの熱帯雨林などの森林を破壊しない
④製品についても従来の化石燃料系のものと変わらないものができる。
(従来の石油系原料にブレンドも可能)
など。

もとがエタノールですからPETにも精製できるので、
すでに企業の中には自社製品のパッケージとして利用してところも多いです。
例えばコカコーラ社の「爽健美茶」「い・ろ・は・す」。
あのボトルにはサトウキビ由来の原材料が5~30%含まれています。
(5~30%というのは、素材を混ぜる作業の開始時と終了時に
どうしても比率の低いものが混じってしまうのですが、そういった商品もムダにせず、
使用する為、どうしても比率の低いものが混じってしまうそうです。)
また資生堂も容器にサトウキビ由来ポリエチレンを使用しており、
その比率が20%以上のものには、このマークがついているそうですよ。
アースケアプロジェクト

で、多少パッケージの方が先行していましたが、袋の方もようやく去年位から
展開されはじめているようです。そして今年には大手メーカーも参入します。
こちらは植物由来のポリエチレン100%のものまであります。

まだコストの部分で若干高いのですが、
環境に悪いからとか、エコだからとか言って、
有料化されてるレジ袋は、こちらの原料を使ったものに変えてみてはいかがでしょうか。

またかつて環境問題からポリ製品を止めて紙袋に変更したマクドナルドも、
もう一度こちらの素材のもので考えてみてはいかがでしょうか。
どうもハンバーガーや飲み物持ち帰る時、紙袋だと濡れ破れが不安で。
それとポテトの油が染み出してきたりして、何か気持ち悪くありませんか?
今でもちょっと抵抗感があるんですよね。
それに割高といっても紙袋作るよりはコスト的にも安いと思うのですが。

たかがレジ袋ですが、人の開発にかける努力ってすごいですよね。
ヒール役のレジ袋がみんなに愛される商品になることを願っています。
もちろん弊社でも取り扱ってますよ。(ちょっと宣伝です。)


スポンサーサイト
カテゴリ :原料・資材
最新の記事へこのページの先頭へ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。