スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

NOTE 96) 復興ってⅡ

 2015-07-16
前回エントリーしてから10日。

その間にまた訳のわからない事が起こる。
ブログがちっとも先に進まない。

7/15安保法案が衆議院の委員会で強行採決され可決。
時の首相は国民の理解は進んでないと認めるも、採決の判断は委員会に丸投げ、
当の委員長は強行採決後、法案一括化に苦言を呈する始末。
本当にそう思っていて強行採決をする神経はもはや理解の限度を超えている。

集団的自衛権って、自衛って言ってるけど、
同盟国と一緒に自分の国と関係ないところでも戦争するってことに他ならない。
日本国憲法との整合性はまったくとれていない。
やり方が間違っているから説明できない。だから答弁でも何言ってるかわからない。
戦争とチンピラの喧嘩を同列に扱って説明する首相の顔は醜悪だった。

そんなどさくさに紛れて、原子力規制委は伊方原発の新基準合格の審査書を提出した。
そういえば川内原発は核燃料が挿入され、8月中旬には商業運転再開をするようだ。
いよいよ原発も動き出すのか...。


DSC_0312.jpg
1階部分がぶち抜かれたような家屋。
4年前の石巻ではない。
2015年7月4日の福島県富岡駅前だ。
4年前から時が止まっている...。

7/5の雄勝でのお茶っこに参加する前に富岡に立ち寄った。
常磐道富岡ICを降り、富岡駅を目指す。
ICを降りるとすぐ、異様な光景に出くわす。
DSC_0304.jpg
「負けるな富岡町」と書かれた大きな看板が目につき車を止めた。
雑草の生い茂る耕作放棄地に頑丈に掲げられた看板。
一瞬「がんばろう石巻」の看板を思い出す。しかし...。
文字の下に土木・建築会社の企業名が。違和感...。

本来のどかな農村風景が広がっていただろう道路の脇に積み上がる黒のフレコンバック。
その光景がどこまでも続く。
いたるところで見かける除染作業員。
色違いの作業着にヘルメット、マスク姿。
スクリーニング場もところどころで見かける。作業者用、一般者用...。

国道6号線にでる。去年走った道。
ロードサイドの店舗の壁はくずれ、雑草は伸び放題。
止まっていた車は、雑草に飲み込まれている。

6号線から富岡駅方面へ。
住宅の瓦は落ち、商店街の窓ガラスは割れたまま。
富岡駅前で車を止める。
富岡駅は海から近く、津波にも襲われた場所だ。
DSC_0308.jpg
駅は撤去されたが、回りの店舗、住宅はそのまま残っている。
駅の海側には、黒のフレコンバックが延々と続いている。
そしてフレコンバックの先に真っ白な大きなプラントが。
DSC_0306.jpg

車を降りて少し歩く。
そこへ1台の警察車両。どうやらつけられていたか。
僕らの前に立ったのは2人の若い警官。2人とも20代前半位か。
にこやかな表情で話しかけてきた。
「観光ですか」
ほー、そう聞くんだ。少しカチンときた。
ボランティアで石巻に行く途中だということを告げる。
しばらくボランティアの話を聞かれた後、免許証の提示を求められる。
ほー、身分確認ねぇ。免許証を受け取るとノートにメモした。
なんか腹立たしい。
その後、勤め先とボランティアの所属団体を聞かれる。
さすがにそれは答える必要はないだろう。拒否。
その後も警官はまとわりついてくる。
結局車に乗り込むまで10分近く、そばを離れず、たわいもない話を続ける警官。
それは物見遊山の輩をたしなめるものではなく、現実を見せない為の職務としか思えない。
(しかし、警察もよりによってまだ線量の高いこの地区に若者を配属するなんて。)
DSC_0314.jpg

なんでこんな街になってしまったんだろう。
この街はいったいどこへ向かうのだろう。
誰も責任をとらないまま。

この街の復興って何なのか今の僕にはわからない。
今は時間が止まり、未来を失くした街にしか見えない。それが本当の気持ちだ。
こんなこというと風評被害だなんて言われるのだろうか。


つづく


スポンサーサイト
カテゴリ :東日本大震災
←前ページへ  最新の記事へこのページの先頭へ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。