スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

NOTE61)奥高尾(陣馬-景信-高尾)久しぶりの山歩き

 2012-05-29
5月19日。久しぶりに山歩きしてきました
3ヶ月ぶりでしょうか。
今年に入って、ウッドデッキ作ったり、農園借りて野菜作り始めたりで、
なかなか山に行けなかったのですが、ボランティで知り合ったTさんからのお誘いもあって、
久しぶりの山歩きとなりました。

Tさんが子供を連れて、なめこ汁目当てに景信山に行くというので、
ご一緒することにしたのです。

Tさんは子供連れですので、小仏から直接景信山の山頂を目指します。
こちらは久しぶりで、多少体力の衰えに不安はあるものの、せっかくの機会ですから、
まだ登ったことのない一ノ尾尾根で陣馬山を経由して景信山へ縦走することにしました。

今回の山行は目的が景信山でのなめこ汁ですので、山頂で食事作る必要がない。
したがって持ち物は極めてシンプルに雨具と水と救急用品のみでリュックは軽め。
景信山山頂12時合流予定なので、朝一の電車に乗る必要もないと多寡をくくっていたら、
なんと予定していた電車に乗り遅れ
検索し直すと乗り継ぎも悪く、藤野駅には予定より30分近く遅れてしまうことに。
これで予め考えていた余裕はなくなってしまいました。
もうちょっと急いで駅まで歩けば良かった...。

藤野駅についたのは7時50分。8時15分にバスもあるはずですが、
歩いても登山口に着くのは同じ位の時刻になりそうなので、歩いて登山口へ
fujinoekitonnel.jpg
↑藤野駅から隧道超えて登山口へ
なんとかバスに追いつかれずに登山口に到着。
バスに抜かれると悔しいので、ちょっとハイペースで歩いてきました。
jinbatozanguchi.jpg
ここから一ノ尾尾根へ。
陣馬山はもう何度も登っているのですが、唯一この登山口から上がったことがなく、
今回が初めてです。
最初の林道と最後の登りがきつい位で、多少のアップダウンはあるものの、
とても歩きやすい尾根上りでした。この時期は新緑がとっても綺麗です。
shinryoku.jpg

そして陣馬山頂。
相変わらず賑やかです。
jinbasanntyo.jpg

多少飛ばしてきたので山頂では息が切れて、汗が噴出してました。
そんな時に嬉しかったのが、茶屋で売ってるカキ氷
kakigoori.jpg
山頂で一汗かいた後のカキ氷。最高です。山の上でカキ氷食べられるなんて幸せの一言。
汗がみるみる引いて気持ちいい

陣馬山山頂は360度の展望で、富士山が綺麗に見えました。
fujisan.jpg
(この後すぐ雲に隠れてしまって、明王峠当りでは見えなくなってしまいました。
富士山を綺麗に見るためには早起きして山へ行くのが肝心ですね。)

さて、時間もないのでゆっくりしていられません。
カキ氷食べたらすぐ出発です。藤野駅からここまで6.6km。景信山まで5.6km。
順調に行けば12時景信山間に合いそうです。

ここから景信山までの尾根道は快適です。
巻き道使えばアップダウンも少なく、順調に距離を稼げます。
明王峠でちょっと休憩入れた後は、堂所山を巻いてそのまま景信山へ。
無事12時前に到着です。
kagenobusantyou.jpg

景信山の山頂には2軒の茶屋があって、人も多く、合流にちょっと手間取りましたが、
無事にTさんとも合流。新緑高尾山までの稜線を眺めながら昼食です。
山菜てんぷら(野草てんぷら?)で一杯。
tenpura.jpg
ビールも冷えてるし、てんぷらもうまい。
Tさんはおにぎり持ってきててなめこ汁
こちらはなめこうどんを注文。初めて食べましたがこれもうまかった
namekoudon.jpg
久しぶりの山での食事を友人とともにできて、お酒も飲めて幸せな気分です。

さてこれからどう下山するかということに。
やっぱりここまできたら高尾までということで、
高尾山に向けて出発です。
Tさんは子供を専用リュックで背負って行きます。
自分も子供が小さい頃は背負ってたんですが、子供背負うって結構きついんですよね。
起きてる時はまだいいんですが、寝ると重心が偏っちゃって大変なんです。
急な上り、下りはバランス崩さないようにするので、ホントにつらいんですよね。

小仏峠まで一気に下って、そこから登り返し。
城山は巻き道使って楽々コース。一丁平でちょっと休憩して、紅葉台へ。
結構このもみじ台までの登り返しがきついんですが、
なんといっても高尾山頂手前の階段がきつい
意外と長くて、息整えながらゆっくり登らないと、途中で足が止まってしまいます。

それでもなんとか高尾山山頂へ。
takaosanntyou.jpg
高尾山頂は相変わらず賑やかです。
欧米系からアジア系の人まで、海外の方も結構見かけます。
またここに居る人の服装は街中とほとんど変わらないです。
なんとか座れる場所を見つけて休憩。
冷えた炭酸飲料買って二人とも一気飲みです。

なんだかんだで結構いい時間になってしまっていたので、
高尾山頂でものんびりせずに、下山することに。
子供が喜ぶんじゃないかと、リフトで下山することにして、乗り場へ急ぎます。
しかし、リフト乗り場についてみると、下りにも関わらず長蛇の列
この人の多さだと歩いた方が早いかもと、結局最後まで歩いて下山
高尾山一号路の急なコンクリートの下りは、疲れた足には堪えました。

ようやく高尾山口に到着。こちらは約20km、Tさんも子供背負って約10kmの山歩きになりました。
いや~3ヶ月ぶりの山歩きとしてはちょっと長すぎたかも。
翌日から3日間くらい筋肉痛になりました。
でも新緑が十分楽しめて、そんなに暑くもなかったので、
いいリフレッシュになりました。
誘ってくれたTさんに感謝です。また行きましょう。



スポンサーサイト
カテゴリ :山と温泉
←前ページへ  最新の記事へこのページの先頭へ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。