スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

NOTE53)自然の摂理には逆らえない?

 2012-02-20
1月のブログ「ニンジンの芽」の時にふれたプランターに蒔いたニンジンのタネ
その後どうなったと思います?

それがこちらです。
201202191157000.jpg
2週間前位からひとつふたつ芽を出し始めて、今ではこんなに芽が出てきています。

去年の暮れ、時期でもないのに野菜を作ってみようと思い、
せっかちな性格で春まで待てずに植えたタネ
一向に芽が出る気配もなく、もう無理かなと諦めていたのですが、
種まきから1ヶ月ちょっと。ようやく芽が出はじめました
この時期昼間の2時間くらいしか日に当ることのない庭で、
まして寒い日が続いたこの冬。
もはや植物として生育するのは不可能ではなかろうかと思っていたのですが、
日が長くなり、暖かい日が出始めると、待ってましたとばかりに、芽を出し始めました。
いきもののいきる力ってすごいですよね。

あまりに無思慮に蒔いてしまったタネなので、
この先順調に育ってくれるかどうかはわかりませんが、
なんとか立派なニンジンに育ってくれることを願っています。

そして同じ時に蒔いたソラマメのタネはというと...。
こちらもニンジン同様、しばらくは無のつぶてでしたが、
なんとか芽を出してくれました。
201202191156000.jpg
葉が寒さで凍ってしまい、凍ったところが黒く変色してしまったところも
あるのですが、なんとかここまで来ています。

ちなみに横においてあるのが、室内栽培セットのニンジン
最近陽に当てないとまずいと思っています。
室内においてあり、あったかいので芽だしは早いのですが、
なんせ陽に当ってないので、ヒョロヒョロ伸びるだけで、成長が止まっている感じです。

植物を育てるポイントは、場所と時期ですね。
人間がこれを無理に曲げても、思った通りには成長してくれません
人のエゴを通すより、自然とうまく付き合っていくのがいいってことですよね。


スポンサーサイト
カテゴリ :その他
←前ページへ  最新の記事へこのページの先頭へ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。